MENU

人気のある医療保険

今、具体的に、日本ではどの医療保険が人気があるのでしょう。インターネットなどで医療保険の人気ランキングを検索してみると、ある特徴に気がつきます。それは掛金、つまり支払う保険料の安さです。医療保険はそのほとんどが掛け捨て型の保険です。その上で、健康で生活をして、保険請求をしなければ、5年おき、10年おきなどにボーナスがもらえるところが多くなっています。ではどの会社の医療保険に加入しても同じなのかと言うと、決してそうではありません。病気での入院保障は生涯でも、怪我による入院は90歳まで、と線を引いている医療保険もありますし、保障内容はそのままであってもある年齢(65歳)を過ぎると、支払う保険料が半額になるものもあります。他にも契約内容ははそのままであっても、市場の金利が回復して、標準予定利率が上向きになった場合には保険料が下がる、という保険もあります。仮に標準予定利率が上がっても、契約後に保険料が上がる、と言うことはありませんので安心してください。自由競争の影響でどの医療保険に加入するのか、調べるだけでも大変ですが、自分の生涯や家族を守る為のものですので、焦らずに選ばなければならないでしょう。

 

保険の加入方法

 

保険の加入方法について紹介します。保険の加入方法ですが、保険に加入する場合には、まずはどこの保険会社の保険を加入しようか考えて保険会社を選ぶところからはじまります。保険関係者が身近にいる場合には、色々と話を聞いてから保険に入ると安心です。通販で保険が販売されていますが、通販で何もわからずに、適当に保険を選んで加入するというのはあまり賢い保険の加入方法とはいえないと思います。保険会社の資料請求をしたりして色々と検討してから保険会社を選ぶようにしましょう。

 

そして保険に加入する保険会社が決まれば、保険証券のコピーを渡して今の保険の内容を見てもらって、今後どうしたらいいのか診断してもらうとこれから入る保険についてよくわかると思います。保険証券を見せて新たに加入する保険のプランが気に入ったら、一度保険のプランを出してもらって、将来設計を見てから保険に加入するとスムーズに保険に加入することが出来るのではないでしょうか。保険に入る場合には直接保険会社に電話をしてもいいですし、保険販売員に家に来て貰ってもいいですし販売代理店へ相談にいって保険の加入する方法もあります。自分の入りやすい保険の加入方法を選ぶといいのですがやはり話を聞いてから入るほうがいいでしょう。

保険の告知義務

保険に加入する場合にはほとんどの保険で、健康状態や職業などについて告知する義務があります。保険というのは、色々な人が保険料を出し合って成り立っているので、はじめから健康状態が悪い人や危険な職業についている人などが条件無しで保険に契約してしまうと、保険料の負担の不公平が出てくると思います。それらを解消するためにも、過去の病気や治療の期間などを保険を加入する場合には告知しますし、健康状態や体の障害時の状態、また職業なども必ず告知しなければならないことに決められています。

 

もしも告知した内容が違っていう場合は、告知義務違反となります。保険の告知義務違反では加入していた保険の解除することになりますし、保険金や給付金ももちろん支払われないことになります。ですから保険に入る場合には必ず告知をして、偽ることなく保険に加入することが大切です。保険会社の人は、保険を適応するかどうか検討する際に通院歴なども調べますから、もしも、病気に罹っていたり過去に何らかの病気で手術などをしていたことがわかった場合には、もちろん保険金はおりませんし、告知義務違反で保険自体を解約することになります。保険の告知義務は多くの人と保険料を相互していることから一番大切なことになります。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1カードローン10
2消費者金融 審査 甘い10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1消費者金融 審査 甘い10
2カードローン10